アパート売却に掛かる費用とは

マンショ売却やアパート売却の際には、お金が入ってくるばかりではなく、出て行くお金もあります。

 まず、一番に考えられる費用としては、物件の販売を行なう不動産会社への仲介手数料があります。

この仲介手数料は、取引を行なう不動産会社によって異なります。

そして、もし住宅ローンが残っている場合には、それを清算する必要があります。

ローン会社によっては、物件に抵当権がつけられている場合があります。

そういった場合は、この抵当権の解消もしなくてはなりません。

そして、登記するための費用やその作業を依頼する司法書士などへ支払う報酬も発生します。

また、契約書に貼付する印紙も必要です。

印紙代に関しては、売買金額によって異なるようです。

アパートの保守管理と売却

アパート経営は、不動産の活用として有効な選択肢です。

土地や建物その物を投資の対象とするのではなく、所有を継続しながら利益を期待する事が出来るからです。

しかし、アパートも保守管理が必要であり、そのままで、半永久的に運用できるものではありません。

そこで、一定の期間が経過したアパートについては、建て替えも含めて検討する事になります。

建て替えとなると、それなりに費用のかかることであり、その費用を回収するためには、さらに継続した運用が必要となります。

そのようなときには、アパート売却を検討する事も必要です。

アパートが老朽化してからの売却では有利な売却が期待できないので、事前によく考えておく事が大切なのです。